SEO対策は簡単

検索エンジン側は、常に最大限にお客機の求めているホームページを、スピーディに、的確に、効率よく検索結果に表示することだけを考えてシステムを開発しているのである。検索エンジンを使っている側の我々から見れば 「こんなに早く自分の求め
ている検索結果が出てくるなんて、やっぱり検索エンジンってすごいなくらいにしか思わないかもしれないが、検索エンジン側にとっては、このような 検索結果をスピーディに導くために、日々、血のにじむような努力をしています。
だからこそ、我々もSEO対策を試みる時に、検索エンジン側と対立するのでは
なく、検索エンジン側の立場になって相手のことを考える必要があります。
「こういうホームページだったら、上位に表示してくれるよなあ」 「こういうホームページだったら、お客さんの役に立つだろうなあ」「こういうホームページだった ら、検索エンジン側は嫌がるだろうなあ」 この “検索 エンジンの立場になって考える”という基本行為が、SEO対策で成功するホームページの基本にもなります。 SEO対策だけに限らずビジネスを行う上でも、  相手の気持ちを考えると いう行為は非常に大切なことなのである。

SEO対策ははたしてどれだけ重要な仕事なのか?
SEO対策はロジックも単純で、一度覚えれば、パソコンが苦手な人でも攻略はたやすいと言えるかもしれない。 し かし、あまりにも SEO業者がSEO対策は大変だ、SEOは難しいと連呼 してしまったために、SEO対策は自分でやるのは無理だと諦めてしまっている人が多い様に思います。
SEO対策がとっても簡単である理由と、 SEO対策になぜ苦手意識を 持ってしまうのかをみていきます。
結論から言わせてもらえれば、ネット販促の中で、 SEOが一番簡単な戦略である。  ホームページ作成は覚えなくてはいけないことが多いし、なによりセンスがモノを言うところがある。売れないページしか作れない人が、売れるぺージを作れるようになるには、非常に手間と時聞がかかる。マーケティング要素を取り入れて、創作力を販促力に転換して考えていくには、やはり ある程度の経験が必要である。さらに、商品によ って販促テクニックは千差万別で、 これをやればOKという単純な解説で攻略できるものではない。 キー ワード広告は予算とコンバージョン率を計算しながら投資していかないと、すぐに赤字に転換してしまうし、楽天市場やヤフーショッピンクiの広告は、当たるか当たら ないかが非常に読みづらいこ ともあり、博打要素が高く
なってしまう。その点 、SEOは仕組みが単純である。やらなくて はいけないことは限られているし、 とりわけ工夫したり 、考えた
りすることも少ない。もちろん、 「どの検索キーワードで順位を狙うか という部分は、非常にマーケデイング要素と経験が必要になってくるが、いざ、検索キーワー ドが決まれば、あとは単純作業 しか残っていない。