SEOスパムとは

SEOテクニ ックを悪用することは、ペナルティーの原因となります。上位表示だけを目的にして、検索エンジンをだますことは最終的にうまくいきません。
SEO対策は、ウェブサイトの内容が人だけでな く検索エンジンにも 適切に伝えられるようにコ ーデイングやデザインを作成するため の技術です。 しかし、この技術も過度なSEO対策は検索エンジンから 嫌われることがあります。これが「検索エンジンスパム」 と呼ばれるもので、検索会社はみなこの行為を禁じています。
検索エンジンスパムとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。
検索結果の上位に表示させることだけを目的に、検索工ンジ ンのアルゴリズムの欠陥を悪用した手法を実践し、 検索結果の精度を低下させる行為です。要するに、ある特定のキーワードで検索上位に表示させようと、 汚い手を使ってはいけません、ということです。スポーツで勝つ ためにトレーニングを積み重ねることは全く問題ないけれども 、 ドーピングは禁止というのと同じようなものです。
SEO対策のスパムには色々な方法があります。例えば「生命保険」というキーワードで上位に表示させるために、ウェブサイトのある部分に「生命保険」というキーワー ドを 100 個も 2 00 個も並べるような行為。ある検索エンジンがtitle を重視するからといって、キーワードを繰り返し延々と並べる行為や、タイトル要素をペー ジ中に何個も置く行為、あるいはHTMLソースコード上には記述 されているけれども表示位置を画面の表示領域外にして実質的に 隠す行為などをさします。
こうした行為はみな、ブラウザ、を使って訪問する人を全く想定 していない行為、検索エンジンのためだけにおこなわれる行為ですから、検索エンジンはこれをスパムと判断します。スパム行為 をおこなったウェブサイトは、その行為の内容に応じて検索エンジンからペナルティを受けることになります。ペナルティとは、 例えば検索エンジンのインデックスから該当するウェブサイトを削除したり、ランキングを大きく低下させるといったものです。
検索会社のゴールは、ユーザーが目的の情報にたどりつくことを支援し、快適な検索体験を提供することです。 SEO対策もゴールは同じ。ユーザーが検索したキーワードに対し て、関連するコンテンツが上位に表示されるようにサイトを検索可能な状態にすることです。