補助的役割

SEO対策は必要な“補助的役割”
検索結果においては、お金をかけたキーワード広告のほうが、お金をかけないSEO対策よりも、販促効果は高いケースがあります。 では、SEO対策なんかやるの、やめたと思った人たちもいるかもしれないが、それでも 、やはりSEO対策は必要なネッ
ト戦略です。
SEOは努力の割には販促効果が薄く、気まぐれに上下に変動する検索結果は、非常にアクセス数にムラを起こし、安定性のない販促行為だと感じていました しかし、多くのホームページをコンサルティングしていくうちに、やはりSEOがなければ、ネッ トビジネスは儲からないと言うことに気がつきました。
キーワード広告は、上位の表示率に安定性はあるが、広告費が高騰し続けているので、時聞が経つにつれて利益が圧迫されていく。しかし、お客さんの一部でもSEOによる検索結果から誘導することができれば、その分、高騰した広告費を相殺することができる。キーワード広告だけでは儲からなかったビジネスモデルも、 SEOを絡めることによって、健全な営利運営に切り替えることができるのである。このように、 SEO対策は補助的役割ではあるものの、ネットビジネスでは絶対に欠かすことのできない戦略です。 キーワード広告と両方を回転させて、初めて効果を発揮するものであり、 SEOだけでは、どうしても「こんなもんか」という残念な販促効果しか 発揮することができない場合にもいいでしょう。