検索エンジンとサイト運営者

「あなたの検索しようとしているキーワードで 、最も適切なホームページを たくさんのWEBサイトの中から見つけ出して 、さらに順々に上から表示させますよ」 というのが、検索エンジンの最大のサービス目標である。それなのに、訳の分からないホームページが上位に表示されたら、あっと言う間に利用者はどこかへ行ってしまう。ラーメンという検索キーワードで検索しているのに、力 レーライスばかりのホー ムページが上位に出できたり、ジムについてネッ トで調べているのに、ウルトラマンの話ばかりが検索にヒットしていたりしたら、検索エンジンなんか利用されなくなってしまいますよね。
だから、検索エンジン側は、検索エンジンとしての使命と秩序を守るため、そう簡単には攻略されないように、常 に自己防衛 を図つているのだ。
検索エンジン側の 検索するお客様にとって適切なホームページを上位表示させる という使命感と、ホームページの運営者側の 「なんとしてもホー ムペ ジを上位に表示させてやる という、意地のぶつかり合いが SEO対策かもしれません。
検索エンジン側は、どのようなルールでホームページを上位に表示させるのかは、絶対に世間に公開しないし、誰が検索エンジンをコント ロー ルしているかも詳しく分からないようにしています。年間で500 回近くも検索のルールを変更して、そして複雑化させながら、「常に最善の検索結果を表示させるということに全力を尽くしています。
反対にSEO対策を施す側は、どのようなルールで上位にホームページが上がっていくのかを見破り、そのルールにそってホームページに手を加えていくのが仕事となる。
検索結果を荒らすようなスパム行為のホームページはことごとく削除していき、削除された側は、新しいルールを見つけて、また検索エンジンを攻略していく。 このイタチゴッコは、検索エンジンが世に生まれた時から、すっと続けられている“戦争”のようなものなのである。では、どのよう にすれば、この“戦争”に勝ち抜くことができるのかつ答えは簡単である。実際の戦争を終結させることと、同じことをすれば良いのだ。相手のことを理解して、共存することを考えれば、この検索エンジンとの戦争に終止符を打つことができるのである。