検索エンジンのミッション

検索エンジンスパムは、あらゆる検索エンジン会社で厳しく禁 じられています。これはなぜでしょうか?ここで一度、検索エン ジンの存在理由について考えてみましょう 。
検索会社が検索サービスを提供する目的は何でしょう?それは 検索サービス 利用者に対して、短時間で正確な、ユーザの検索意 図にあった検索結果を提供することです。ユーザーが検索したキーワードから 、ユー ザーが探し求めているであろう情報 を的確に提供することこそ、検索エンジン会社のミッションであ り、それを一番よく実現する検索エンジンがユーザーに支持されます 。

SEO対策は検索アルゴリズムの欠陥や脆弱性を突いてランキングを操作することではあ りません。また、 SEO対策はランキングを操作するゲームでもありません。検察エンジンは、 ユーザーに質の高いページを表示するよう、検索技術を日々磨いていますから、みなさ んも SEO対策で取り組む時に、彼らと同じゴールに向かったことをすると、中長期的にも順 位が安定し、アルゴリズムの変化に惑わされないSEOを実現することができるでしょう。
検索会社もSEOも目的はユーザーに最適な検索体験を提供すること、ただ、実現する 手法が前者はテクノロジーであり、後者はサイト構築であるということを頭に入れておきましょう。

現在、 日本を含めて世界各国の主要なポータルサイトで採用さ れており、 50%超のシェアを誇るGoogleが現在の地位を獲得でき たのは、ユーザーが満足する水準を満たした検索結果をつねに提供してきたことにあります。そして、その実現には高度に精般化 されたアルゴリズムという全く人為的な手を解さない技術で、検 索キーワードに関連する、重要度の高いウェブページを客観的に 順番に並べることで成されたのです。
これに対して、不正な方法によって故意にウェブサイトを検索 上位に表示させることは検索会社のサービス提供を妨害する行為 になります。検索エンジンスパムによって、本来上位に表示されるべきでは ないサイトがたくさん表示され、上位を独占するような状態を招 けば、検索精度の低下を招くことになります。あるキーワードに 対してもっとも的確なウェブページが下位に押し下げられてしま えば、ユ ーザーは探し求めていた情報にたどり着くことができな くなり、検索体験の質の低下を招くことになります。